読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

センサー一覧

参加する方にお配りするセンサーのご紹介です。 ※各パーツ数に限りがございます。

配布方法

  • 配布日:17日
  • 配布対象:参加者の方 1人1つ
  • 配布方法:17日の説明会の日に抽選をします。

一覧

紫外線センサー

http://akizukidenshi.com/img/goods/L/K-07252.jpg

光センサー

http://akizukidenshi.com/img/goods/L/M-08219.JPG

温度・湿度センサー

www.switch-science.com

  • 個数:30
  • 詳細:BME280搭載 温湿度・気圧センサモジュール

加速度センサー

www.amazon.co.jp

感圧センサー

www.switch-science.com

  • 個数:20
  • 詳細: 感圧センサ(四角形)(コード番号:ALPHA-MF02-N-221-A01)

心拍センサー

www.aitendo.com

  • 個数:18
  • 詳細:脈派センサ APDS-9008、脈波を測定、3〜5V

追加で欲しい場合に購入できるお店の例

秋月電子通商

秋月電子通商 - 電子部品・半導体 【通販・販売】

スイッチサイエンス

トップページ - スイッチサイエンス

* 商品の画像は、各販売店、メーカーのページよりリンクしています。

パーツ一覧

参加する各チームにお配りするパーツのご紹介です。 ※数に限りがございます。

配布方法

  • 配布日:17日
  • 配布対象:チームのオーナーの方
  • 配布方法:17日の説明会の日に引換券をお渡しします。説明会のブースで引き換えてください。

一覧

抵抗

  • カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1/6W 22K
  • カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1/6W 68K
  • カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1/6W 680
  • カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1/4W 330
  • カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1W 2.2Ω
  • カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1W 10Ω
  • カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1W 47Ω
  • カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1W 100Ω
  • カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1W 1kΩ
  • カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1W 10KΩ
  • カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1W 100KΩ
  • カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1W 1MΩ

ジャンパーコード

  • オス-オス
  • オス-メス

LED

  • 5mm黄色LED
  • 5mm黄緑色LED

セラミックコンデンサ

  • 100pF
  • 2200pF
  • 0.1μF

ピンヘッダ

  • 細ピンヘッダ

追加で欲しい場合に購入できるお店の例

 秋月電子通商

秋月電子通商 - 電子部品・半導体 【通販・販売】

スイッチサイエンス

トップページ - スイッチサイエンス

審査員

大屋 誠 (おおや まこと) 氏

f:id:nwatanabe95:20160309155656p:plain

株式会社IDCフロンティア 技術開発本部 R&D室長

2008年よりクラウドサービス開発をリードし、2013年よりR&D室長。おもに新サービスの企画開発に従事する。 OpenCompute Project Japan運営委員、オープンクラウド実証実験タスクフォース運営委員。

中村 浩樹 (なかむら ひろき) 氏

f:id:svfes:20160324190015j:plain
ヤフー株式会社
Yahoo!IoT サービスマネージャー

1981年生まれ。大阪府出身。大学時代にインターネットにのめり込み、ユーザー系SIerにて基幹システムの設計・開発に携わった後、2012年にヤフーに入社。 ヤフーでは、いくつかのサービスの企画を担当した後、IoT領域の新サービスであるmyThingsに参画。現在はYahoo!IoTのサービスマネージャーとしてmyThingsを統括している。

有山 隆史 (ありやま たかし) 氏

f:id:svfes:20160324190020j:plain
富士通株式会社
プラットフォーム技術本部 プロダクトソリューション技術統括部 部長

富士通株式会社入社後、オフィスコンピュータのネットワークソフト開発に始まり、ネットワークプロバイダやアウトソーシングサービスのサービスビジネスなど幅広い業務に従事。最近では、創立80周年での社員同士のネットワークづくり支援活動の一環として、「あしたのものづくり研究会」を発足し、2015年にMaker Faire Tokyoへの出展を行うとともにマイコン(Arduino)を使った社内外のハンズオン講師を行い、フィジカルコンピューティングの普及に貢献。

丸山 晋平 (まるやま しんぺい) 氏

f:id:nwatanabe95:20160309162600j:plain
株式会社リラク CTO 兼 ヘルステック室 室長

2006年早稲田大学第一文学部卒。卒業後はフィーチャーフォン向けコンテンツサービスの開発、スマートフォン向けコンテンツサービスの開発を中心に行い、リアルタイム通信サービスのバックエンドなどを担当。2011年にフリーランスとなり、猫型技研という屋号で活動。2015年、株式会社リラク入社。2016年からCTOに就任。ScalaPerlをホームグラウンドとして都内を中心にプログラミング活動と人間活動を行っている。IT芸人としてワンライナーでパソコンからピコピコと音を鳴らすLTを皮切りに、イマイチなんの役に立つのかわからないけど勢いだけは良いプロダクトを作ることを至上の喜びとしている。業務や執筆活動ではちゃんと役に立つことも行っている。猫派。

田口 敬(たぐち たかし)氏

f:id:svfes:20160325193434p:plain
ウンログ株式会社
CEO 田口 敬 氏

2006年日本大学理工学部航空宇宙工学科卒業。2012年ウンログのリリース。会社勤めをしながらアプリ開発やデザインをゼロから学び、1年半かけて制作。2013年29歳のときに独立。ウンログをメインとしたヘルスケアサービスの開発・運営会社としてじぶんラボ合同会社を設立。設立3ヶ月後にIPOを目指す事を決め、2014年1月に株式会社へ組織変更。ドコモイノベーションビレッジ3期生に選ばれ、グランプリ受賞。うんちでIPOを目指す唯一のスタートアップ。

レギュレーション

  • テーマである「健康」に沿ったものであること

  • IDCF Cloudで作成したサーバと連携すること

  • シングルボードコンピュータ等のデバイスを使用すること

  • サバフェスから提供するデバイス以外をご利用の場合は、ご自身でのご用意となります

  • 提供したセンサーやデバイス等が故障した場合は、サバフェスでは対応しません

  • 全てのチームは作品をLTにて発表した後、ブログなどのネット媒体で公開すること

  • 作品の権利はチームに帰属するものとする

  • 公序良俗に反する行為が発覚した場合は、即時失格等の措置を取ります

本レギュレーションは、サバフェス実行委員の判断により変更されることがあります

応募規約

Cloud Server Festa 2016 Spring「サバフェス!」応募規約

Cloud Server Festa 2016 Spring「サバフェス!」に応募される方は、下記応募規約や参加の流れをすべてご確認ください。

第1条(目的)

  • 本規約は、株式会社IDCフロンティア(以下「IDCF」という)が企画運営するコンテストCloud Server Festa 2016 Spring「サバフェス!」(以下、「本コンテスト」という)に応募又は参加するお客様(応募するお客様を「応募者」、応募者以外の参加するお客様を 「参加者」といい、応募者及び参加者を合わせて「参加チーム」という)とIDCFとの間において適用されます。

第2条(応募条件)

  1. 応募者は、原則として成人の方のみといたします。ただし、未成年の方であっても本規約の内容に保護者の方が同意された場合、ご本人様の名義での応募を可能とします。

  2. 応募は、先着順とし、1チームにつき1回限りとします。また、応募必須記載事項の誤記、記入漏れがある場合は無効とします。

  3. 協議において参加チームが創作・開発したソフトウェア等の成果物(著作物、発明、考案、アイデア、ノウハウ、コンセプト等を含みこれらに限定されません。)に関する知的財産権その他の権利は、参加チームに帰属するものとします。競技の成果物についてテンプレート化やサービス化が可能と判断される場合、IDCF及び参加チームはテンプレート化やサービス化に向け協力するものとし、必要に応じ、IDCFによる成果物に関する知的財産権その他の権利の利用及び取得について協議するものとします。

  4. 参加チームは、プレゼンテーション資料またはサーバーへの設定内容をインターネットやブログで公開するものとします。公開が難しい場合は、IDCFに提出し、IDCFが公開することを許諾するものとします。また、サバフェスに関する公開内容の詳細についてIDCFからのヒアリングがあった場合に回答するものとします。

  5. 参加チームは、作品が、本競技期間中に制作されるものであること、参加チーム自身が制作したオリジナル作品であること、及び第三者の作品等の権利を侵害するものではないことをIDCFに保証するものとします。

  6. 参加チームは作品に第三者が権利を有するプログラム・画像・映像・音楽等の素材を使用する場合、自己の責任において適法に使用し、IDCFその他サバフェス関係者に対し、迷惑、損害等を与えないことを保証します。

  7. 参加チームは、IDCFまたはIDCFの指定する第三者が競技の実施、運営、管理、広報活動または販促活動を行うにあたり、作品をこれらの目的の範囲内で自由に利用することを予め承諾するものとし、当該利用に対し、著作者人格権に基づくものを含め、何ら異議申し立てや対価の請求等を行わないものとします。なお、IDCFまたはIDCFの指定する第三者による利用には、広報宣伝活動を目的としたスクリーンショット、アニメーション、ビデオの公開などが含まれますが、これらに限定されません。また、参加チームは、作品を第三者に譲渡、提供、公表等する場合、事前にIDCFによる承諾を得るものとします。

第3条(競技環境)

  1. 本コンテストの参加チームは、IDCFクラウドを利用するものとします。

  2. 参加チームは、IDCF及び協力団体・企業が提供するサーバー、ネットワーク環境、API、素材等の環境及び素材を利用することができます。

  3. 競技でIDCF及び協力団体・企業が提供する素材にかかる著作権等の知的財産権その他の権利は当該素材の提供者にそれぞれ帰属するものとし、参加チームは本イベントにおける利用以外の目的に提供された素材を利用することはできません。

  4. 競技環境の利用・運用にあたっては、イベントサイト内の「レギュレーション」を順守してください。

  5. 本コンテスト実施期間満了後も、参加チームはmyThingsおよびIDCFチャンネルを利用することができます。ただし、IDCFチャンネルにおいて、参加チームに付与するクーポンの金額を超える利用に関しては、IDCFクラウドのアカウントを登録したメンバーの費用負担となります。

第4条(費用)

  • 参加チームが競技で用いるIDCFクラウドの費用は、参加賞として付与するクーポンの範囲内でIDCFが負担するものとします。クーポンの金額を超える利用に関しては、この限りではありません。

第5条(表彰)

  1. 表彰の対象は、下記いずれにも当てはまる参加チームとします。

    1. 競技終了後にプレゼンテーションを行い、審査を受けたチーム

    2. 競技終了後に、サーバーやアプリケーションの設定情報をIDCFに提出したチーム

    3. 競技終了後に、プレゼンテーション資料またはサーバーへの設定内容を公開するチーム

  2. 賞品は、表彰式に参加いただける対象チームの代表者に引き渡します。

  3. 表彰式に参加いただけない場合は、メール送付又は郵送とし、対象参加チームの代表者に対象メンバー分お送りします。対象者は、引き渡しに必要な送付先の情報を、IDCFに通知するものとします。

  4. 賞品のデザイン・仕様は掲載写真と異なる場合があります。

  5. 受賞チームメンバーの雇用主その他の関係者との契約その他の合意事項により、受賞チームメンバーがサバフェスに参加し、又は賞の授与等を禁止されている場合には、その受賞は失効し、別の受賞チームが選出されます。このとき、受賞チームメンバーは失効した受賞にかかる賞金、賞品等をすみやかにIDCFに返還するものとします。

第6条(応募取消)

  • 応募必須記載事項に虚偽があった場合、若しくはその可能性があるとIDCFが判断した場合、又は、IDCFへ通知した電子メールアドレスや電話番号へ連絡がとれない場合、参加チームに事前に通知することなく、ご応募を取り消すことがあります。

第7条(免責)

  • IDCFは、本コンテストの内容の変更、中断、遅延、停止、終了等により参加チームに生じた一切の損失、損害等につきまして、いかなる責任も負わないものとします。ただし、IDCFの故意又は重大な過失に基づく損害については、この限りではありません。

第8条(応募者情報の取扱い)

  1. エントリーフォームに記載された応募者の個人情報、又はコンテストにあたり収集した個人情報の全ての項目については、IDCFと応募者の共同で取り扱うものとし、以下の目的で利用いたします。

    • 本コンテストについてのご連絡

    • お問い合わせのご回答

    • IDCFからの情報提供

  2. IDCFが取得した応募者情報は、IDCFのプライバシーポリシーに従って取り扱われます。詳細は下記をご参照ください。 http://www.idcf.jp/privacy_policy.html

  3. 本コンテストのサイト内においてご登録していただくプロフィールの内、公開プロフィールに記載された応募者/参加者の情報は当該サイト内でのコ ミュニケーションを目的として利用してください。個人情報を記載される場合には、個人の責任においてのみ記載し、IDCFは一切責任を負いません。

第9条(規約の変更)

  • IDCFは、合理的必要性に基づいて本規約を変更することができるものとします。

第10条(準拠法)

  • 本規約に関する解釈に関しては日本法を適用するものとし、本規約に関し発生する紛争に関しては、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第11条(その他)

  • 応募者及び参加者は、本規約に定めのない事項について、別途IDCFの定めるところに従うものとします。

<コンテストIDCF>
株式会社IDCフロンティア内サバフェス実行委員会
〒160-0004 東京都新宿区4-29
TEL :03-4354-0000
Mail : svfes@idc.jp

スケジュール

2016年3月17日(木):説明会

会 場:株式会社IDCフロンティア
18:30 - 19:00 受付
19:00 - 19:10 主催者挨拶・趣旨説明
19:10 - 19:30 レギュレーション、プロトタイプ、参加賞(キット)ご説明
19:30 - 20:30 スポンサーセッション
20:30 - 20:40 参加賞のお渡し
20:40 - 21:30 懇親会

2016年3月18日(金):初心者向けハンズオン

会 場:株式会社IDCフロンティア
18:30 - 19:00 受付
19:00 - 19:05 主催者挨拶・趣旨説明
19:05 - 19:35 SendGridハンズオン
19:45 - 21:45 ESP8266ハンズオン

2016年3月26日(土):発表会、表彰式

会 場:ミッドタウン・タワー11F (東京都港区赤坂9-7-1)
12:30 - 13:00 受付 (受付は2F)
13:00 - 16:00 最終仕上げ、プレゼンテーション準備
16:00 - 17:30 プレゼンテーション
17:30 - 18:30 プロダクト展示・審査
18:30 - 19:00 LTタイム(3分)・審議
19:00 - 19:15 審査発表
19:15 - 20:30 懇親会、LTタイム

※各日程ともに、飲食をご用意しております。